子供の矯正情報BLOG

contact_tel.png
お問い合わせフォーム

2017.03.16更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
突然ですが、皆様は「乱杭歯」というもの、もしくは言葉をご存知でしょうか?
今日はこの乱杭歯とは何か?ということをお話させていただきたいと思います。

乱杭歯、「らんぐいば」と読みます。
「乱」という文字から連想できると思いますが、分かりやすく表現しますと歯がガチャガチャに乱れて生えている状況です。
小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」では、この乱杭歯のことを「叢生」と書かせていただいております。
叢生は「そうせい」と読むのですが、乱杭歯と叢生は状況としては同じ意味です。
歯科医師は言いませんが、一般的にはガチャ歯と表現する方もいます。

歯並びの状況として多いのが、前歯2本よりもその隣やさらに隣の歯が内側に入ってしまっていたり、八重歯、そして前歯2本が外に捻れて生えているというケースです。
お子様は、このような歯並びになっていませんでしょうか?
気になられている方は、お気軽に本多矯正歯科にご相談ください。
小児矯正で、乱杭歯・叢生はなおすことができます。

投稿者: 本多矯正歯科

本多矯正歯科Official Site子供の矯正情報BLOG本多矯正歯科Facebook
Twittersjcdsjcd