子供の矯正情報BLOG

contact_tel.png
お問い合わせフォーム

2017.01.27更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
先日のブログで、乳幼児期のお子様に多い歯並びが悪くなる原因となる行為は、指しゃぶりだとお話をさせていただきました。
それでは児童期のお子様に多い歯並びが悪くなる原因となる行為となりますと、今度は爪咬みになります。

爪切りの必要がないというほど、爪を咬んでしまうというお子様は意外と多いです。
私が世の中を見る限り、児童期のお子様だけに限らず大人になっても爪咬みのクセはなかなか抜けないようで、気が付くと爪を咬んでいる大人も多くいます。
おそらく児童期に爪を咬むクセができて、そのままそのクセが治せないという方が多いのでしょう。

爪を咬むクセがありますと、それをすることによる歯への負担があります。
そしてさらに、アゴの咬み合わせの位置がずれてしまうことがあるのです。
つまり歯並びやアゴの位置に影響を与えるということです。

このクセは先ほどお話をしたとおり、なかなか治しづらく大人になっても継続してしまう傾向があります。
なるべく早く、やめられるように親御様が注意していくべきでしょう。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.24更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
今日も、お子様の歯並びが悪くなる原因について、お話をしてまいりましょう。

乳幼児期のお子様に多い歯並びが悪くなる原因となる行為は、指しゃぶりです。
指しゃぶりは、まったくやらないお子様は生まれてから一度もしないというお子様もいますし、かと思えば生まれて間もなく、指しゃぶりをはじめるお子様もいるわけで、本当に不思議なものです。
そしてその指しゃぶりのクセが、スムーズにやめられるお子様もいますが、逆になかなか大きくなってもやめられないというお子様もいます。

指しゃぶりは、口腔内ではどのようになっているかといいますと、指で前歯を押す行為を行っています。
つまり出っ歯や開咬、叢生の原因を作り出してしまっていることになります。
指しゃぶりのクセは、可能であれば少しでも早くやめさせてあげることが、歯並びのことを考えると理想的です。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.18更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
歯並びが悪くなる原因は、先日のお話をしました通りいろいろあります。
今日も、その原因の一つをお話してまいります。

お子様の学校では年に数回、授業参観が開かれると思います。
そのときのお子様の様子を観察してみてください。
あとは、ご自宅でテレビを見ているときや勉強をしているときの様子をチェックしてみてください。

このとき、頬づえをつくことが多いお子様が中にはいらっしゃると思います。
この頬づえ、実は歯並びには悪影響を与えます。
頬づえが?と驚かれることでしょう。
実は頬づえをするクセがあると、頭の重さが下顎に負荷を与え、歯並びが悪くなったりアゴがゆがんでしまう原因となってしまうのです。

幼児期から頬づえをつくクセがあるお子様はごくごく少ないです。
頬づえをはじめたら、初期段階で厳しく注意してやめさせるようにしましょう。
クセは、クセになってしまってから注意してもなかなかおさまらないものです。
早めにやめさせるのが重要です。

またすでにクセになってしまっている場合も、その都度声をかけてやらないようにお子様自身が意識できるようにしていきましょう。
根気は必要ですが、頬づえのクセをスルーすることはNGです。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.16更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
お子様の歯並びが気になると同時に、なぜ歯並びが悪くなってしまうのだろう?と疑問に感じませんか?
歯並びが悪くなる原因。実はいろいろあります。
その歯並びが悪くなる原因の一つを、本日はご説明してまいります。

貴方のお子様を一日、口元を中心に観察してみてください。
観察してみると、中には口を開けている状況が非常に多いと気が付かれる親御様も多いのではないでしょうか?
口を常にポカーンと開けているクセがあるお子様はそのクセが、前歯が出っ歯になったり、開咬の原因になります。

そしてさらに口を開けているということは、口呼吸をしている、もしくは口呼吸を促進しているという可能性が高いです。
口呼吸は、口のまわりの筋肉の正しい運動を邪魔してしまい、それが歯並びを悪くする原因となってしまいます。

このようなクセを、治していくことは、歯並びをこれ以上悪くさせないためには重要なことです。
それ同時に治療を進めていきましょう。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.11更新

皆様、あけましておめでとうございます。
奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
本多矯正歯科は、2004年に開院させていただきました。
もう13年ほどこの地で、お子様の歯科矯正治療を行ってまいりました。

大変嬉しいことに、患者様からのご紹介が多い当クリニック。
それは当クリニックの治療をご満足いただいた患者様が多いという証だと感じております。
今年も昨年以上に、皆様に信頼をいただける、そしてご満足いただける矯正歯科を目指して、頑張ってまいります。
今年もなにとぞ、よろしくお願いいたします。

人は人それぞれ、それは口腔内も同じです。
そしてお子様は口腔内だけでなく、大人の方以上に個性豊かで、一人ひとりがまったく異なります。
お子様の個性、口腔内の状況などをしっかり把握して、お子様にあった歯科矯正治療を昨年同様、今年も行ってまいります。
「うちの子、矯正なんてできるかしら?」と不安顔でご来院される親御様は多いです。
お気持ちお察ししますが、そんなにご心配にならなくても大丈夫です。
初心相談は無料ですし、もちろん無理強いはいたしません!
お気軽にご来院ください。

投稿者: 本多矯正歯科

本多矯正歯科Official Site子供の矯正情報BLOG本多矯正歯科Facebook
Twittersjcdsjcd