子供の矯正情報BLOG

contact_tel.png
お問い合わせフォーム

2017.02.23更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
矯正治療は前々からお話をしておりますが、お子様の場合は特に長期休暇中を利用してはじめるのが理想的です。
ワイヤーブラケット矯正の場合、痛みや違和感を覚える可能性がありますから、学校生活が普通に営まれている状況でのスタートより、安心して開始できるというメリットがあります。

もうすぐ春休みに突入します。
実は春休みは意外と長いもの。
この長い期間をつかって、歯科矯正をはじめましょう。

といっても、春休みに入ってから検討するのではちょっと遅いです。
初期相談とその後の診断のところまでは、できれば今時期のうちに行っておきましょう。
そうすることで春休みに入ってスムーズに装置の装着を行うことができます。
費用に関しても歯科矯正は高額でありますので、少し猶予をもって考えることで親御様がしっかりと計画を立ててスタートできることでしょう。

まずはお気軽に、本多矯正歯科までご相談ください!
多くのお子様とお会いできることを、楽しみにしております。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.02.21更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
「なんでうちの子は、歯並びが悪くなってしまったのだろう?」と思われる親御様も多いと思います。
以前よりこちらでもお話をしてきました、歯並びが悪くなる要因として日常からのクセというものがありますが、実はそれだけではありません。

実は、根本的に日本人は歯並びが悪い民族なのです。
もっと厳密なお話をさせていただきますと、東洋人全般的に西洋人と比較するともともとの歯並びが悪い傾向にあります。
そこにきて、そのなかでも特に全体的に歯並びが悪いのが日本人です。

その理由は日本人というのは祖先を辿っていくと、弥生人と縄文人の混血だからなのです。
弥生人は大きな歯を持つ特徴がありました。
そして縄文人は狭い顎を持つ特徴がありました。
もうお分かりだと思いますが、これによって乱杭歯や八重歯の日本人が多くなったわけです。
そして弥生人は広い顎を持つ特徴がありました。
縄文人は小さい歯を持つ特徴がありました。
この場合は、すきっ歯の日本人が多くなるということになります。
つまり「民族としての骨格や歯などの特徴」とまとめて良いかもしれません。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.02.17更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
暖かい日も二月に入り増えてきたように感じます。

さて、お子様の歯科矯正は、とても大切な治療です。
お子様はどんどん成長をしていきますが、歯並びや噛み合わせが悪いと、成長段階で骨格形成に悪い影響を与えます。
歯並びが悪い噛み合わせ悪いと、頭の位置や首の位置に影響を与えるのです。
つまり本来正常な成長をすべきところが、骨格がゆがんだり正常な位置や長さに形成されなかったりというような状況になる可能性があるということです。

そのようにならないために、歯科矯正が注目を集めています。
お子様の歯の生え方や、歯並びや噛み合わせをチェックして、歯科矯正の必要性を一緒に考えていきましょう。
そしてもし歯科矯正の必要があるということであれば、いつからスタートすべきかを今度は検討していきます。
骨格形成に悪影響を及ぼさないように、そしてお子様の精神的な成長も考えつつ、ベストなタイミングを図っていくことが重要です。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.02.13更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
お子様の歯科矯正。
お子様の歯や顎の状況、そして精神的な成長を考慮し、最適な時期にはじめるのがベストですが私はそれだけでもないと感じています。
特に大切だと思っているのが、「親御様とお子様との話し合いと歯科矯正に対する合意」です。

矯正治療は、長い年月がかかります。
特にワイヤーブラケットタイプの矯正装置になりますと、人によっては痛みも生じますし、簡単に外すことはできない(基本的にははずさない)ものですから、それに対してのお子様の合意や理解はとても重要です。

たとえば、小学校の卒業アルバムの写真に、矯正装置がついている笑顔は嫌だ!というお子様がいるのであれば、その時期は避けて中学入学を待ってスタートすべきでしょう。
親御様からしたら、歯並びが整って健康に過ごせるほうが大事と感じるでしょう。
確かにそれはとても大切なことですが、お子様の考えや意思も尊重していきましょう。
もちろん本多矯正歯科でもお子様の気持ちは大切に考えて、スタートの時期を検討しています。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.02.08更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
お子様の歯並びを気にされている親御様の中には、たとえば高校入学までにはとか、成人式までにはなど、歯科矯正を行ってお子様の歯並びを綺麗にするゴールを設けられている方もいらっしゃると思います。
実際にご相談を受けた親御様のお話を聞いていても、それ以外のプライベートでお話を聞いていても、「いついつまでに」という要望を持たれている親御様は、私の想像以上に多いのだなと、最近感じております。

本多矯正歯科としては、お子様にとって総合的にみて適切な時期に矯正をはじめるのがベストだと思っていて、「いついつまでに」というところで決めるものではないと思うのですが、やはり歯科矯正となると高額な治療ですから、親御様からみれば「総合的にみて適切な時期」だけでは、はじめられないものなのでしょう。

もし「いついつまでに」というゴールが決まっているというのであればなおさらなのですが、早めにご相談ください。
といいますのも、お子様によって矯正にかかる時間というのは異なるので、その時間を考えつつ始める時期を決定しなければならないからです。
お子様の歯科矯正については、お気軽にお問い合わせください。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.27更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
先日のブログで、乳幼児期のお子様に多い歯並びが悪くなる原因となる行為は、指しゃぶりだとお話をさせていただきました。
それでは児童期のお子様に多い歯並びが悪くなる原因となる行為となりますと、今度は爪咬みになります。

爪切りの必要がないというほど、爪を咬んでしまうというお子様は意外と多いです。
私が世の中を見る限り、児童期のお子様だけに限らず大人になっても爪咬みのクセはなかなか抜けないようで、気が付くと爪を咬んでいる大人も多くいます。
おそらく児童期に爪を咬むクセができて、そのままそのクセが治せないという方が多いのでしょう。

爪を咬むクセがありますと、それをすることによる歯への負担があります。
そしてさらに、アゴの咬み合わせの位置がずれてしまうことがあるのです。
つまり歯並びやアゴの位置に影響を与えるということです。

このクセは先ほどお話をしたとおり、なかなか治しづらく大人になっても継続してしまう傾向があります。
なるべく早く、やめられるように親御様が注意していくべきでしょう。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.24更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
今日も、お子様の歯並びが悪くなる原因について、お話をしてまいりましょう。

乳幼児期のお子様に多い歯並びが悪くなる原因となる行為は、指しゃぶりです。
指しゃぶりは、まったくやらないお子様は生まれてから一度もしないというお子様もいますし、かと思えば生まれて間もなく、指しゃぶりをはじめるお子様もいるわけで、本当に不思議なものです。
そしてその指しゃぶりのクセが、スムーズにやめられるお子様もいますが、逆になかなか大きくなってもやめられないというお子様もいます。

指しゃぶりは、口腔内ではどのようになっているかといいますと、指で前歯を押す行為を行っています。
つまり出っ歯や開咬、叢生の原因を作り出してしまっていることになります。
指しゃぶりのクセは、可能であれば少しでも早くやめさせてあげることが、歯並びのことを考えると理想的です。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.18更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
歯並びが悪くなる原因は、先日のお話をしました通りいろいろあります。
今日も、その原因の一つをお話してまいります。

お子様の学校では年に数回、授業参観が開かれると思います。
そのときのお子様の様子を観察してみてください。
あとは、ご自宅でテレビを見ているときや勉強をしているときの様子をチェックしてみてください。

このとき、頬づえをつくことが多いお子様が中にはいらっしゃると思います。
この頬づえ、実は歯並びには悪影響を与えます。
頬づえが?と驚かれることでしょう。
実は頬づえをするクセがあると、頭の重さが下顎に負荷を与え、歯並びが悪くなったりアゴがゆがんでしまう原因となってしまうのです。

幼児期から頬づえをつくクセがあるお子様はごくごく少ないです。
頬づえをはじめたら、初期段階で厳しく注意してやめさせるようにしましょう。
クセは、クセになってしまってから注意してもなかなかおさまらないものです。
早めにやめさせるのが重要です。

またすでにクセになってしまっている場合も、その都度声をかけてやらないようにお子様自身が意識できるようにしていきましょう。
根気は必要ですが、頬づえのクセをスルーすることはNGです。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.16更新

皆様、こんにちは!奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
お子様の歯並びが気になると同時に、なぜ歯並びが悪くなってしまうのだろう?と疑問に感じませんか?
歯並びが悪くなる原因。実はいろいろあります。
その歯並びが悪くなる原因の一つを、本日はご説明してまいります。

貴方のお子様を一日、口元を中心に観察してみてください。
観察してみると、中には口を開けている状況が非常に多いと気が付かれる親御様も多いのではないでしょうか?
口を常にポカーンと開けているクセがあるお子様はそのクセが、前歯が出っ歯になったり、開咬の原因になります。

そしてさらに口を開けているということは、口呼吸をしている、もしくは口呼吸を促進しているという可能性が高いです。
口呼吸は、口のまわりの筋肉の正しい運動を邪魔してしまい、それが歯並びを悪くする原因となってしまいます。

このようなクセを、治していくことは、歯並びをこれ以上悪くさせないためには重要なことです。
それ同時に治療を進めていきましょう。

投稿者: 本多矯正歯科

2017.01.11更新

皆様、あけましておめでとうございます。
奈良で小児矯正の専門サイト「将来を見据えた子供の矯正治療!!」を運営する、本多矯正歯科です。
本多矯正歯科は、2004年に開院させていただきました。
もう13年ほどこの地で、お子様の歯科矯正治療を行ってまいりました。

大変嬉しいことに、患者様からのご紹介が多い当クリニック。
それは当クリニックの治療をご満足いただいた患者様が多いという証だと感じております。
今年も昨年以上に、皆様に信頼をいただける、そしてご満足いただける矯正歯科を目指して、頑張ってまいります。
今年もなにとぞ、よろしくお願いいたします。

人は人それぞれ、それは口腔内も同じです。
そしてお子様は口腔内だけでなく、大人の方以上に個性豊かで、一人ひとりがまったく異なります。
お子様の個性、口腔内の状況などをしっかり把握して、お子様にあった歯科矯正治療を昨年同様、今年も行ってまいります。
「うちの子、矯正なんてできるかしら?」と不安顔でご来院される親御様は多いです。
お気持ちお察ししますが、そんなにご心配にならなくても大丈夫です。
初心相談は無料ですし、もちろん無理強いはいたしません!
お気軽にご来院ください。

投稿者: 本多矯正歯科

前へ 前へ
本多矯正歯科Official Site子供の矯正情報BLOG本多矯正歯科Facebook
Twittersjcdsjcd