矯正治療の流れ

contact_tel.png
お問い合わせフォーム

あなたにとってベストの方法で

歯の矯正と一言でいっても、患者さまの年齢やお口の状況、またご要望に合わせて、さまざまな種類の治療があります。
装置にも一般的な「ブラケット」と呼ばれる装置も金属性、セラミック製、また歯の裏側に装着するタイプのもの、またマウスピース型の装置など、患者さまに合わせた矯正治療をご提案いたします。
お子さまの場合、成長に合わせて「今が矯正スタートするベストなタイミング」があります。カウンセリングを行ったからといって「必ず治療を始めましょう」などということは決してございません。
お気軽にご相談ください。

基本的な矯正治療の流れ

1カウンセリング(無料)

お口の中を撮影し、症状や状態などを簡単に検査した上で、治療方法やその期間、費用などについてご説明します。

2詳細な検査

顔面・口腔内の写真やレントゲンの撮影、また咬み合わせの模型などをつくり、治療を安全・確実に進めるための資料を集めます。

3はみがき指導

矯正治療は長期間にわたります。その間に虫歯や歯周病にならないよう、歯ブラシの使い方などについてご指導させていただきます。

4治療計画のご説明&治療開始

採取した資料をもとに、患者さまに現在起こっている、または将来のリスクとなりうる症状について診断結果をご説明します。
その上で、治療方法や計画などについて具体的なご説明を行い、治療のスタートです。
通常は1~2ヵ月に1回程度のご通院をいただき、歯並びを整えていきます。また、毎回クリーニングをおこない、お口の中をよい状況で維持していきます。

5保定&メンテナンスの説明

歯並びが整えば、後戻りのないよう保定します。ご通院いただくのは3~4ヶ月に1回程度です。
その後のメンテナンスについて説明し、改善したお口の環境を長く維持できるようにします。

私たちは決して「歯を抜きたい」とは考えていません

矯正治療を進める上で、私たちは常に「できることなら天然の歯を抜かずにすむ方法」を模索しています。しかし、抜歯はあくまでもお口の環境改善のための手段です。歯を抜かないことが目的になることはありません。
そのため、どうしても「これは抜いた方がよい結果が予測できる」場合もあります。
お子さまの場合、早めに「あごの成長」から管理することで、抜歯の可能性を低くすることができます。
ですから慌てず、成長の進展をチェックしながら、その必要性を慎重に判断します。

矯正装置について

ブラケット

歯に取り付け、ワイヤーの力で歯を動かしていく一般的な矯正装置です。一般的な、最もコストの低い金属製のものを「メタルブラケット」と呼びます。
セラミック製の、自然な歯の色に近くした目立たないタイプのものは「セラミックブラケット」と呼びます。
また、ブラケットを歯の裏側に装着するタイプの矯正装置を「リンガルブラケット」と呼びます。

エクスパンションプレート(拡大床)

歯列の隙間を広げる際に用いる装置で、プレートに取り付けられたネジを回すことでプレートの幅が広がり、歯列の隙間を作っていきます。

アクティブプレート(床矯正)

主に前歯に使用し、凸凹した歯や、1・2本の歯が内側に入り込んでいる際に歯を後ろから押し出して移動させ歯列を整えます。

ムーシールド

受け口を改善するためのマウスピース型の装置で、乳歯に用います。
就寝時に使用し、咬み合わせ、舌圧、口唇圧、舌位を改善します。使用することで9割程度のお子さまが症状を改善できるとされます。

本多矯正歯科Official Site子供の矯正情報BLOG本多矯正歯科Facebook
Twittersjcdsjcd